この本は、真備から離れ離れになってしまった人をつなぎたい、その思いから作られました。

建設型仮設、みなし仮設、または真備に戻られた方々、

被災から2年、まだ生活が戻っていない人たちが居ると思います。

この本は、もう一度災害が来ても、逃げ遅れてしまう人が無いように、

被災から孤立してしまう人が無いように、その想いをつなぐためにお配りします。

料金は無料です。送付にかかる費用だけいただきます。

ぜひ、知人・ご友人にお届けください。

そしてもし、私たちの試みに賛同していただけたら、ご寄付をお願いします。

集まったお金は、真備町のまちづくりのために使います。

mabibon.png

  7/13より受付開始 

川と暮らす 

いまは離れていても、ずっと遠くにいても・・・

西日本豪雨害真備町福祉事業者の記録

A4変形/60ページ

​2020年7月7日 発行 一般社団法人 お互いさま・まびラボ

本を受け取る方法 - その1

以下の場所で配布しています。

  ・NPO法人おかやまマインド「こころ」  真備町 箭田1679-2

  ・放課後等デイサービス「ホハル」     真備町 尾崎915-22

  ・ぶどうの家真備             真備町 箭田1179-6

  ・そーる訪問看護ステーション       真備町 尾崎812-16

      ・真備地域生活支援センター         真備町 川辺2058-1

本を受け取る方法 - その2

以下のフォームからご注文ください。送付にかかる費用をお願いします。

  ・1〜5冊  500円

  ・6〜10冊 700円

  7/13より受付開始